ひきこもり状態にある方のご家族のためのセミナー「寺子屋ふぁみりあ」

  • ニュース
  • 寺子屋ふぁみりあについて
  • セミナー報告
  • リンク

セミナー報告

2014年12月

年末 お坊さんたちと語る会


12月の寺子屋ふぁみりあでは、全青協の付属機関である臨床仏教研究所が行っている「臨床仏教師養成プログラムOJT(on the job training)課程」を実習中の方々と、本願寺僧侶の方々にご協力いただき、「年末 お坊さんたちと語る会」を開催いたしました。


「臨床仏教師養成プログラム」とは2013年度より開始されたプロジェクトで、仏教精神に基づいて、生老病死の現場に積極的に関わっていこうという仏教者の養成を目指しているものです。実習生は7月からふぁみりあの活動に参加し、今回で最後の実習となります。

お坊さんたちと語る会では、いつもご講師のお話のあとに行っているグループトークの時間を倍とり、日頃から感じている思いや悩みなど、参加者同士じっくり語り合っていただきました。

終了後に催された懇親会も盛況で、今年一年溜まったストレスをすっきり消化していただけたのではないでしょうか。普段、葬儀や法事などでしか僧侶と接する機会がないという方々にとっては、僧侶、ひいては仏教そのものに親しみをもって、身近に感じていただけた一日となったように感じました。

 
Copyright The ZENSEIKYO FOUNDATION for youth and child welfare All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・内容についての無断転載はご遠慮ください。