ひきこもり状態にある方のご家族のためのセミナー「寺子屋ふぁみりあ」

  • ニュース
  • 寺子屋ふぁみりあについて
  • セミナー報告
  • リンク

セミナー報告

2014年10月

「寺子屋ふぁみりあ」体験交流会 『建長寺遠足』 開催!


10月1日、今年も昨年と同様に、大本山建長寺ご協力のもと、体験交流会を開催いたしました。 参加したのは、総勢13名のお母さま方です。参加者の約半数が初めての禅体験ということで、最初は皆さん緊張していたご様子でした。しとしと降る秋雨の音を感じながら行った坐禅を通じて、呼吸や姿勢に気を配ることで、徐々に緊張がほぐれて日頃の疲れからリフレッシュすることができたようです。


お昼の斎座(食事)は、食作法に注意をしながら、寒い季節によく食べられる「けんちん汁」をいただきました。けんちん汁は建長寺が発祥で、「修行僧が誤って落としてしまったお豆腐を、もったいないので崩れたまま洗って汁に入れたら、味が染みて美味しくなった」という言い伝えが残っているそうです。また、「建長汁」が変化して現在の「けんちん汁」になったのだとか......。親御さんのなかには、「こんなに美味しいお汁をいただいたのは初めてです」と、おかわりをしていた方もおられました。

最後に行われた茶話会では、一日を振り返りながら、「毎日5分でも時間を作って、家で坐禅をやってみたいです」という方や、「この体験のように楽しいことが沢山あるなかで、興味はあっても尻込みしてしまうことが多かったのですが、これからは思い切っていろいろなことに挑戦したいです」と、思いおもいの感想を語られていました。一日を通してご指導いただいたご僧侶の穏やかな人柄に触れ、参加者は皆、笑顔で体験交流会を締めくくりました。


Copyright The ZENSEIKYO FOUNDATION for youth and child welfare All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・内容についての無断転載はご遠慮ください。