ひきこもり状態にある方のご家族のためのセミナー「寺子屋ふぁみりあ」

  • ニュース
  • 寺子屋ふぁみりあについて
  • セミナー報告
  • リンク

セミナー報告

2010年11月

発達障害とひきこもり 発達障害がある人の社会における生きにくさから支援を考える (2)

◆一筋縄ではいかない状況把握

 本センターは、都に1箇所のみの設置であり、専属職員4名という状況から、対応できる内容には限りがありますが、まずは、発達障害がある本人や家族、関係者からの問い合わせや相談の窓口機能を果たしたいと考えています。そのためには、相談に来た人が「今、どういう状態にあるのか、どういうことに苦労しているのか」について把握出来るよう努めます。

  青年期、成人期の相談事例について、全体の約4割は親御さんやご家族のみの相談です。本人のことを実際に知らないまま、相談が始まることが多いのです。このような場合、実態把握という点では難しくなりますが、ひとまず「本人についての相談」というよりは、「本人にかかわる親、家族の側の相談」として受けるようにしています。基本的には、本人と周囲との関係性をとらえながら現状把握に努め、共に生活していくための工夫のしようがあるかどうか、一緒に考えるようにしています。

 また、後になって本人が相談に来所されることも珍しくありませんが、その場合、実際に本人に会ってみると、それまで得ていた親や家族側からの情報と、本人の生活実態や現状への認識の内容がまったく異なっていると感じることもあります。
とくに「本人が困っていて何とかしたい」と考えていることと、「家族が困っていて何とかしたい」と考えている内容のズレが生じていることが多く、お互いに「わかってもらえない」という不満や不安が募っている状態にあるように感じています。

 そのため、相談担当者としては、相談のあり方について、まず基本的に自身の態度や雰囲気、話のしかたや話の進め方について、たとえば、「穏やかな態度を維持する」「相手がイメージしやすいような話のしかたを工夫する」「相手が言いたいことを焦点化する」などの配慮や工夫が必要と感じています。しかし、なかなか難しいというのが実感です。

◆発達障害がある人への支援の前提として

<大切にしたいこと 〜関わる支援者の立ち位置〜>
  先にも述べましたが、とくに高機能の発達障害の人の場合、たとえば一見流暢に話ができるように見えたり、学力も一定程度ある人でも、社会の中で多数派のもつ価値観や常識、言動のペースに合わせることができないことから、他者の無理解や誤解される状況に置かれて絶えず注意や叱責などを受けることになりやすいのです。

  このことは、相談や本センターで長年継続している当事者へのヒアリング会での彼、彼女らの話からも明らかになっています。具体的に言えば、アスペルガー症候群など高機能の自閉症スペクラムの人は、「空気が読めない」とか「自分勝手」「思いやりがない」「教えたことの覚えが悪い」などとよく言われます。
  そして、周囲の人はほとんどの場合「わざわざ説明しなくても見ればわかるでしょう」とか「一度教えたら覚えなさい」と言います。しかし、本人は「どこをどう見ればよいのかがわからない」「一度教わっても覚えきれない」などと言います。
社会の多数派の人がもつ「共通の心」は、人として自然に育ってくるもの、特別に苦労しなくとも育ってくるものと思われていますが、自然に放っておくと育ちにくい人もいるのです。

 また、同じ場所で同じものを見て説明を聞いていたつもりであっても、その人の視点の置き方や話の聞き取り方が断片的であったりして、他の多くの人たちの体験内容と大きく異なり了解事項も異なってくることが考えられます。
あるいは文字の読み書きがスムーズにできない人は、瞬時に意味把握をし行動に移していくことができにくいために、結果として場にそぐわない言動となってしまいやすいということも考えられます。

  多くの人の場合、このように困難な事態が実は人生の早期の段階から生じていたことも考えられますが、本人も周囲の側もその実態がわからないままに誤解や偏見に満ちた対応が繰り返され、結果的に強い不安状態となっています。そのために自己評価の低下から無気力になったり、決めごとやこだわりによる防衛的な生活態度や空想世界への没頭、あるいは反対に他罰的・攻撃的言動が強化され、ますます社会から孤立し困難な生活に陥ることになりやすいように思います。

  以上のことから、私たちが大事にしていることは、本人のそれまでの苦労の内容を知りながらも、現在の生活の実態を素直に捉え、これからの生活について本人や家族が主体的に考え、すすめていくことができるように、関係者と協力しながら応援していくことです。

(3)へ続く

Copyright The ZENSEIKYO FOUNDATION for youth and child welfare All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・内容についての無断転載はご遠慮ください。