ひきこもり状態にある方のご家族のためのセミナー「寺子屋ふぁみりあ」

  • ニュース
  • 寺子屋ふぁみりあについて
  • セミナー報告
  • リンク

ニュース

2014/9/30更新

5月〜3月のセミナーのご案内

ひきこもり状態にある方のご家族(親御さん)が明るくなって希望がもてることを願って今年度もセミナーを開催します。
現場経験の豊かな講師を迎えて、自らの経験を交えたお話をしていただきます。
また、参加者同士語り合いの時間をもちます。きっと共通する問題を抱えているからこそお互いに理解できることもあるでしょう。
そして、寺院の静かで穏やかな空間で、みなさん一緒に読経や瞑想などをします。日頃の慌しさの中に置き忘れてきたこころに眼を向けてみませんか。
ご家族(親)だけで問題を抱えずに、一緒に考えてみませんか。
みなさんのご参加をお待ちしています。

【主催】 浄土真宗本願寺派「御同朋の社会をめざす運動」東京教区委員会、 公益財団法人 全国青少年教化協議会
【会場】 築地本願寺 聞法ホール
【時間】 午後1時〜4時
【参加費】 無料
【定員】 70名 (登録制・先着順)

お申込はFAXまたはお電話でお願いいたします。
(公財)全国青少年教化協議会 電話:03-3541-6725 FAX:03-3541-6747

5月1日(木) 「小さなほんき・静かなファイト」
講師:和田重良(NPO法人くだかけ会主宰)
毎日の生活の中でほんの小さなほんきができたら、
頭の中の空まわりは減っていきます。
ちょっと頑張った人たちの例からお話します。
6月12日(木) 本当のしあわせ
講師:柳川眞理子(浄土真宗本願寺派布教使・「自死・自殺に向き合う僧侶の会」共同代表)
「あなたは今、幸せですか?」
「人間のものさし」で測る幸せと「仏さまのものさし」で測る幸せ…
どちらが「本当のしあわせ」なのか、ご一緒に味わってみませんか。
7月3日(木) 「ひきこもる人たちの気持ち〜支援を巡る最近の状況〜」
講師:池上正樹(ジャーナリスト)
1.「ひきこもり」をめぐる支援の現状と当事者の動向
2.未来をつくるフューチャーセッションやひきこもり大学について
3.周囲の人が当事者に対してどう向き合うべきか 等。
8月7日(木) 長期化する「ひきこもり」へのアプローチ
講師:石川清(フリーライター・ひきこもり訪問サポート士)
最近、最も困難と感じるのが、病識がなかったり、反応や意欲がないケースで、アプローチには工夫と粘りが必要です。
13年間訪問し続けても無反応な状態にあった若者、2階にバリケードを築いて立てこもる若者でも最近、改善しつつあります。また、ゲームやネットに強く依存している場合の対応など、停滞著しいケースの改善についてお話できればと思います。
9月4日(木) 仏さまの願いに生きる
講師:西原祐治(浄土真宗本願寺派西方寺住職・東京仏教学院講師)
私たちは、私の願いに縛られて、傷つき生きる意味を見失っています。仏さまの願いに目覚めて生きる。それは仏さまの光に育まれていく安らかな道です。その仏さまの願いを、ご一緒に聞かせていただきましょう。
10月1日(水) 建長寺遠足
特別プログラム
自然豊かな鎌倉の古刹 建長寺で、坐禅や写経などの体験をします。諸堂の拝観や精進料理をいただきながら、ご自身の心の内をじっくりと見つめてみましょう。
11月6日(木) 「親子のあり方」とは
講師:シンシア(自助グループ)元スタッフ3人
生きづらさを抱えていた経験のある自助グループスタッフ。その最中にはどのような事を考え、どのような支援を望んでいたのでしょうか?青年たちから、自身の経験や思いを聞きながら、人とのかかわりや親子関係について皆様と考えていけたらと思います。
12月4日(木) 年末 お坊さんたちと語る会
講師:超宗派僧侶
皆様が日頃思っていること、悩みや疑問などなど…。お坊さんたちとじっくり話し合ってみませんか?トークを通じて気持ちをリフレッシュしていただければと思います。当日は少人数に分かれてグループトークを行なう予定です。今までなかなか話せなかった方、もっと話したかったのに時間が足りないなぁと思っていた方は、ぜひご参加ください。
※セミナー終了後、懇親会を予定しております。
1月8日(木) 「問い」という恵み
講師:松本智量(浄土真宗本願寺派延立寺住職)
生きづらい世の中で、人は生きづらさを解消する答を求めて仏教の門を叩きます。しかし残念ながら、仏教は答を提示してくれません。それどころかさらに問いを深めたりもします。それが本当に楽になる道だからです。
2月5日(木) 年末 お坊さんたちと語る会
講師:田中剛(依存と自立)
自分の性質にあった生き方がわからない人たちが増えている。中には社会から撤退する人もいる。適応の定義が極端に狭くなった現代的日本社会で生きる、見立てと方法をケースを交えて考える。
3月5日(木) 年末 お坊さんたちと語る会
講師:神 仁(全青協主幹、てらネットEN世話人)
親子関係や将来への不安など、日頃抱える様々な悩みに対して今後どのように向き合い、解決していけば良いのでしょうか。明日を豊かに生きるために、仏教的ワークを通じて皆様と共に考えていきたいと思います。
※セミナー終了後、懇親会を予定しております。
Copyright The ZENSEIKYO FOUNDATION for youth and child welfare All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・内容についての無断転載はご遠慮ください。