ひきこもり状態にある方のご家族のためのセミナー「寺子屋ふぁみりあ」

  • ニュース
  • 寺子屋ふぁみりあについて
  • セミナー報告
  • リンク

ニュース

2011/11/5更新

12月〜2月のセミナー予定

【会場】築地本願寺 聞法ホール
【時間】午後1時〜4時
【定員】50名(登録制)
【参加費】無料
お申込はFAXまたはお電話でお願いいたします。
(財)全国青少年教化協議会 電話:03-3541-6725 FAX:03-3541-6747  ■セミナー登録申込書(PDF)

9月28日(水) 発達障害とひきこもり
講師:石橋悦子氏(東京都発達障害者支援センター)
近年、発達障害が社会的に知られるようになりました。それはひきこもりとの関係でも注目されるようになったからでもあります。そこで、支援センターでの実際の相談事例から、発達障害がある人への理解や対応のあり方をみなさんと一緒に考えていきます。
10月26日(水) 「人」とどう繋がるか 〜ひきこもる人への訪問を通して考える〜
講師:田中 剛氏(雷門メンタルクリニック)
人が人と繋がっていると感じることが、難しい社会になってきていると感じられます。
そこに、人が「ひきこもる」大きな要因があると、日々の訪問活動の中で私は感じています。
ひきこもる人のあり方、社会などの環境の考察を皆さんと一緒に共有できたらと思います。
11月30日(水) 3Y「勇気・友情・夢(希望)」
講師:本持信慈師(東京教区スカウト指導者会・僧侶)
人間関係をつくる上で、欠かせない三つの要素が考えられます。これは個人的な心の持ち方として考えられますが、その前に、どのように心に受け止めて、実践していくかを伝えなくてはなりません。その方法を社会教育の体験を通じてお話しします。

【以降のセミナー予定(講師・内容は未定)】
2011/12/28(水)、2012/1/25(水)、2/29(水)、3/28(水)

2011/9/5更新

9月〜11月のセミナー予定

【会場】築地本願寺 聞法ホール
【時間】午後1時〜4時
【定員】50名(登録制)
【参加費】無料
お申込はFAXまたはお電話でお願いいたします。
(財)全国青少年教化協議会 電話:03-3541-6725 FAX:03-3541-6747  ■セミナー登録申込書(PDF)

9月28日(水) 発達障害とひきこもり
講師:石橋悦子氏(東京都発達障害者支援センター)
近年、発達障害が社会的に知られるようになりました。それはひきこもりとの関係でも注目されるようになったからでもあります。そこで、支援センターでの実際の相談事例から、発達障害がある人への理解や対応のあり方をみなさんと一緒に考えていきます。
10月26日(水) 「人」とどう繋がるか 〜ひきこもる人への訪問を通して考える〜
講師:田中 剛氏(雷門メンタルクリニック)
人が人と繋がっていると感じることが、難しい社会になってきていると感じられます。
そこに、人が「ひきこもる」大きな要因があると、日々の訪問活動の中で私は感じています。
ひきこもる人のあり方、社会などの環境の考察を皆さんと一緒に共有できたらと思います。
11月30日(水) 3Y「勇気・友情・夢(希望)」
講師:本持信慈師(東京教区スカウト指導者会・僧侶)
人間関係をつくる上で、欠かせない三つの要素が考えられます。これは個人的な心の持ち方として考えられますが、その前に、どのように心に受け止めて、実践していくかを伝えなくてはなりません。その方法を社会教育の体験を通じてお話しします。

【以降のセミナー予定(講師・内容は未定)】
2011/12/28(水)、2012/1/25(水)、2/29(水)、3/28(水)

2011/6/10更新

6月〜8月のセミナー予定

【会場】築地本願寺 聞法ホール
【時間】午後1時〜4時
お申込はFAXまたはお電話でお願いいたします。
(財)全国青少年教化協議会 電話:03-3541-6725 FAX:03-3541-6747  ■セミナー登録申込書(PDF)

6月29日(水) 「肩の荷をおろす時」
講師:和田重良氏 (NPO法人くだかけ会主宰)
決して楽な道ではないのに、それを承知でそっちに顔を突っ込んでしまう人たちがいます。楽な道ではない道を選ぶのなら、明るい方に向いたらいいのに、その明るい方さえ見失う人間って不思議な動物ですね。なかなか力が抜けないのですから。
7月27日(水) 「こころの拠りどころ 〜親の老いをどう生きるか〜」
講師:西來武治師 (元千代田女学園中学高校長・僧侶)
学校の教師達が引きこもりがちな子どもたちとどのように関わろうとしてきたか、歴史的な過程を辿りつつ、現在の子どもたち及び家庭の様子と学校の姿勢についてお話しした後、自らの子どもたちとのふれあい経験を紹介します。
8月31日(水) 「孤から独へ 〜教師が子どもから教わったこと〜」
講師:松尾忠正師 (敬愛短期大学講師・僧侶)
ひきこもりの当事者の平均年齢はすでに30歳代になっています。それに伴って親の平均年齢もおよそ60歳になります。親御さんにとっては子どものことも自身のことも将来に不安を抱えることもあるでしょう。子どもの将来の見通しを立てることも大切ですが、これから老いを迎える親自身がどのように生きたらよいのかということも大事になります。そこで、子どもと歩む人生を希望がもてるものにするにはどのようにしたらよいのかを仏教の視点からみなさんと一緒に考えたいと思います。

【以降のセミナー予定(講師・内容は未定)】
9/28(水)・10/26(水)・11/30(水)・12/28(水)  2012/1/25(水)・2/29(水)・3/28(水)

2011/3/25更新

3月のセミナーについて

3月12日(土)に予定しておりました「寺子屋ふぁみりあ」は、前日の大地震の影響による交通障害などを考慮して急遽中止といたしました。 あらためて代替することが決まりましたら、その日程などを参加登録者の皆様にお知らせいたします。

2011/3/10更新

寺子屋ふぁみりあ公開セミナー
「ひきこもりからの脱出」―当事者に寄り添い支援するためには―

 現在、ひきこもり当事者は、内閣府の調査によると全国で70万人とも言われています。ひきこもりの問題は、外からは見えにくいが故に、これまであまり包括的な支援の手が伸びてきませんでした。しかし当事者、家族双方の高齢化による経済的な困窮や、孤立化、自死念慮など、長期化するにつれて新たに深刻な問題が顕在化しています。当事者、そして家族への支援は、もはや社会全体で取り組むべき喫緊の課題といえるでしょう。
 本セミナーでは、若者を取り巻く今日的な社会状況を踏まえ、当事者と支援者の声に耳を傾けながら、第三者による当事者とその家族の支援のあり方について考えるものです。
また、お寺という精神的空間・公共財を活かした支援の可能性についても考えます。

■印刷用(PDF) オモテ面(660KB) ウラ面(1.42MB)

主催 財団法人 全国青少年教化協議会
浄土真宗本願寺派東京教区
基幹運動推進委員会
助成 日本財団
日時 2011年3月30日(水) 13:30〜16:30
会場 築地本願寺 講堂
東京都中央区築地3-15-1
・東京メトロ日比谷線 築地駅徒歩1分 ・東京メトロ有楽町線 新富町駅徒歩5分
地図はこちら
講師 稲葉 剛 (NPO法人自立生活サポートセンター もやい代表理事)
和田重良 (くだかけ生活舎主宰・NPO法人くだかけ会代表)
日程 13:30 開会
13:50 発題(1) 稲葉 剛
14:20 発題(2) 和田重良
15:00 当事者4名による体験談
16:00 当事者×発題者によるセッション
16:30 閉会
参加費 無料
参加方法 締切:2011年3月25日(金)
お申込はFAXまたはお電話でお願いいたします。 →申し込み用紙(PDF)はこちら
財団法人 全国青少年教化協議会(全青協)
〒104-0045 東京都中央区築地3-7-5 築地AIビル5F
TEL:03-3541-6725 FAX:03-3541-6747
2011/3/10更新

3月のセミナー「縁*園*宴!」

 寺子屋ふぁみりあに参加してどのようなご縁がありましたか?同じ親としての出会いや、講演会を通した学び、お経や瞑想でふれた仏教など、参加された方がそれぞれにご縁があったのではないでしょうか。今年度の最終セミナーでは、この1年を振り返り、お茶とお菓子を囲んで、音楽なども聴きながら、ちょっとした懇親会の時間を持ちます。この園でつながったご縁を確認して、軽やかな宴で楽しみましょう!

日時 2011年3月12日(土) 13:00〜16:00
会場 浅草寺福祉会館(浅草寺普門会館3階 ) → 地図はこちら
東京都台東区浅草2-31-8
東京メトロ銀座線・都営浅草線・東武伊勢崎線・つくばエキスプレス
各「浅草」駅より徒歩10分 浅草寺本堂より北に徒歩2分
参加費 無料 定員:30名(先着順)
参加方法 セミナーのご参加には事前に「受講登録」が必要です。
※2011年1月現在、会場等の都合につき登録は募集しておりません。
Copyright The ZENSEIKYO FOUNDATION for youth and child welfare All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている画像・内容についての無断転載はご遠慮ください。